PR

元開発担当の私がオススメ【運転初心者におすすめのMT車】マツダ CX-5 ディーゼル6MT

記事内に広告が含まれています。

MT車好きな皆さんこんにちは。元CX-5車外騒音開発担当者のつりふぁすです。

今回の内容はこちら⬇️

  • 免許を取り立ての方や初めてマニュアル車に挑戦したい人
  • 運転しやすいマニュアル車を探している人

このような方に向け、私の愛車であるマツダCX-5のMT車を紹介してみます。

マツダのこだわりを紹介

人間中心のクルマ作りーペダル操作性のこだわり

そもそも市販されているMT車においてペダルレイアウトはこのようになっています。

左から

「クラッチペダル」

「ブレーキペダル」

「アクセルペダル」

という配置です。

つりふぁす
つりふぁす

マツダのMT車も全てこのように配置がされています。

マツダには開発哲学に、

「人馬一体/人間中心」という考えがあります。

その結果、自分の意図通りにクルマを動かしやすい車に仕上がっていますが、

それを実現するため

「人が脱力して(リラックスして)座れる」、

「各ペダルの操作がしやすいように足元の広さ/ペダルのストローク/反力/形状を工夫している」

など、細部に至るまでこだわったクルマ作りをしています。

これはCX-5に限らず第6世代以降(初代CX-5以降)すべてのマツダ車がそのように作られています。

人間中心のクルマ作りーシフト操作性のこだわり

シフトの操作性もペダルの作り込み同様、人間中心の考えで作られており、

「自然に手を置いた位置に設置する」や

「シフトストロークやギヤチェンジ時の節度感、握りやすさ/ギアチェンジ時の力の入れやすさを追求したシフトノブの形状」

など、意のままの運転を実現するため、細部までこだわりをもって作り込んでいます。

マニュアル車を運転しよう!

慣れないMT車の運転は不安がつきまとうものだと思いますが、

マツダの生み出すMT車は操作がしやすいため、慣れないマニュアル車であっても安心して運転できると思います。

初めての1台として非常にオススメです。

是非、皆さんもマニュアル車にチャレンジし、それが持つ独特の運転の楽しさを味わってみませんか?

きっと「運転て楽しい!」

と思ってもらえると思います。

最後に

以上、最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

あなたの人生が青天井に楽しくなりますように。

これからも本ブログ「青天井LIFE」をよろしくお願い致します。

ではまた

コメント