PR

【レビュー】マツダCX-5 ポリメタルグレー 4万5千キロ超走ってみて

記事内に広告が含まれています。

本記事はこのような方に向けて書きました⬇️

  • 車を買う前の人
  • 街で見かけたこの色の車を気になっている人
  • 買う前に色で悩んでいる人
  • ポリメタルグレーの評判を知りたい人
  • ポリメタルグレーを選んでいいか迷っている人
  • ポリメタルグレーのいろんなシチュエーションでの見え方を知りたい人

こんにちは。

自動車メーカーで元車両実験担当者だったつりふぁすです。

この記事は愛車である CX-5 ポリメタルグレーメタリック(スマートエディション) を所有して感じた実体験をもとにお伝えます。

この色の正式名と設定車種

この色の正式名称は

ポリメタルグレーメタリック

といい、以下の車種に設定されています。(2023年5月現在)

  • SUV
  • CX-30(シーエックス サーティ)
  • MX-30(エムエックス サーティ)
  • CX-5(シーエックス ファイブ)
  • CX-8(シーエックス エイト)
  • ハッチバック
  • MAZDA2(マツダツー)
  • MAZDA3 FASTBACK(マツダスリーファストバック)
  • ステーションワゴン
  • MAZDA6 WAGON(マツダシックスワゴン)
  • セダン
  • MAZDA3 SEDAN(マツダスリーセダン)
  • MAZDA6 SEDAN (マツダシックスセダン)

逆に設定のない車種はCX-3CX-60ROADSTER(RF含む)の3車種ですが、

多くのマツダ車に設定されているカラーです。


【追記】

「MAZDA6」国内向けモデルの販売を終了・・・2024年4月中旬を予定とのこと。

ポリメタルグレー実写写真(CX-5)

青天時

2ページへ続く

コメント