PR

【整備初心者でもできる】JEEPレネゲードACフィルター交換方法

記事内に広告が含まれています。

本記事の内容はこちら⬇️

  • JEEPレネゲードの エアコンフィルター 交換方法
  • 使用する工具
  • 適合するエアコンフィルター

こんにちは、自動車整備士2級免許所持者のつりふぁすです。

相方が乗っているJEEPレネゲードのエアコンが臭うらしい。

原因は何だろうと考えましたが、手始めにエアコンフィルターを確認しようとしました。

ところが、国産車であれば工具なしでエアコンフィルターまで辿り着けるのに、外し方が分からないのです

つりふぁす
つりふぁす

どうやってやるんだろう?

ということで、これらを 順を追いながら写真付きでご紹介 しますので最後までお付き合いください。

どうか皆様のお役に立てますように。では早速やってみましょう!

〜筆者(ブログ管理人)について〜
3歳の頃から釣竿を握って以来30数年釣りを生き甲斐に生活しています。

仕事は2008年に自動車整備士免許2級(ガソリン・ディーゼル)を取得後、2021年までマツダ車のブレーキや音・振動開発に従事していました。
その後転職し、サービスエンジニアを経て船舶用品の開発に従事しています。

仕事柄、安全第一の考えですので手順を省略したりせず、大事なところはきちんと伝えます。

作業前の注意事項

  1. 作業中は思わぬところで手を切るなど、怪我をする可能性があります。
  2. 怪我防止のため、手袋や長袖を着て作業することをお勧めします。
  3. 外す部品はプラスチックが多く、割れるなど、破損の可能性があります。
  4. ドアを大きく開けて作業する必要があります。
  5. 作業場所は他者の往来が無く、十分広い場所で行いましょう。
  6. 必ずパーキングブレーキをかけましょう。

以上に配慮し、自己責任でお願いします。

交換する際に外すボルト類のサイズ

  • トルクスネジ(T20)
  • 6角ボルト(5.5mm)

使用する工具

  • トルクスソケット:T20
  • 6角または12角のソケットレンチ:5.5mm
  • ラチェットハンドル(上記ソケットに合うもの)
  • 内張剥がし

内張剥がしがあると作業効率が上がります。

カーDr.つりふぁす
カーDr.つりふぁす

マイナスドライバーでも代用できますが少しやりにくいかな。

交換手順

ダッシュボード横の三角形のパネルを外す

トルクスネジ(1か所)を外す

ダッシュボードを開けトルクスネジを外す

ダッシュボード下の方にあるインシュレーターを外す

インシュレーターを外すと見えるトルクスネジを外す

ダッシュボードを手で外す

エアクリーナー前方のカバーを外す

エアクリーナー前方の6角ボルト(1箇所)を外す

ボルトを外したらカバーを外す

エアコンフィルター本体を外す

新品のエアコンフィルターを入れる

復旧(外した部品をつけていく)

外した時と逆の順番で組み付けて完了です。

選んだ新品エアコンフィルター

私が選んだのはこちら⬇️ 価格は3000円〜4000円くらいだと思います。

アマゾンで売ってました。エアコンフィルター自体の適正価格はどれもそれくらいなので、

例えば5000円以上するなど明らかに高いものはお勧めしません。

Amazonでは「定期おトク便」のものも売られていました。さらに5%オフで購入できます。

(リンク先Amazon https://amzn.to/49vXkAY(新しいタブで開きます)

カーディーラーなどで買う場合は取り付け工賃込みのものもあります。

ちなみにCX−5のエアコンフィルターはマツダディーラーにて工賃とフィルター併せて6000円未満です。


⬇️は抗菌抗ウィルスタイプ(天然ポリフェノール・ヤシ殻活性炭配合)のもの。こちらも適合しそうです。


以上です。

今回のレネゲードのエアコンフィルターは結構手間がかかる類でした。

しかし冒頭でもお伝えした通り、私の普段乗っているマツダ CX-5などの国産車であれば工具不要の車種も多いです。

メンテナンス前にきちんとした情報があれば、初心者の方でも知識さえあればできると思いますので是非チャレンジしてみてください。

このブログが参考になれば幸いです。

作業はご安全に。

最後に

以上、最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

これからも本ブログ「青天井LIFE」をよろしくお願い致します。

あなたの人生が青天井に楽しくなりますように。

ではまた

コメント